メリークリスマス!

posted by 鈴音 ◆ 2017/12/24 (00:00) [edit]

こんにちは、シナリオ担当の鈴音です!
先日親知らずを抜きました。抜いたその時は痛くなくて良かったんですが、歯茎に穴がぽっかり空いてて地味にずっと疼いているのが嫌です…ご飯食べづらい…
しかしまだ右上だけなので、左上と左下もいずれ抜かねばならないという悲しい運命。それもこれも歯医者嫌で逃げ回り虫歯になった私が悪いんですけどね!自業自得です!

さて、そんな私の健康状態の話はともかく。
せっかくのクリスマス。何もないのは寂しいので、せめて会話文だけでもとご用意しました。
今回はエイプリールフールゲーに続いて緑とChloeのコラボです!
アリスとリーフ、クロエマがただお話しているいつもの座談会謎時空のお話ですー。
それでは、続きからどうぞ!


-----------------------------------------
勝手に追記
雑務担当の収納です。ちょっと遅刻したけど多分セーフ……!
今年のクリスマスはヒロインズでお祝いということで!メリークリスマス!!

2017xmas

------------------------------------------------------------------
アリス
「冬だ! 年末だ! クリスマスだ! というわけで女子会やるぞ、リーフ!」
リーフ
「唐突ねアリス、そんなところも可愛いわ! でも私達二人で女子会っていうの、少し寂しくないかしら……そんなこと言ったら私達毎日が女子会だし……」
アリス
「ふふふ……まあ、この布袋を見てくれ。こんな事もあろうとな、ゲストを誘拐してきた!」
リーフ
「さすがアリスね! 目的の為には手段を選ばない!」
アリス
「というわけで、はいオープン」
クロエ
「ぶっはぁ! 息苦しかった……死んじゃうかと思った……」
エマ
「何なのいったい……何が起きたの……?」
リーフ
「Chloeの二人ね! いらっしゃい、会うのはエイプリルフールのバッドエンド以来かしら」
クロエ
「あ、二人だったんだね! 久しぶりー!」
エマ
「普通に呼んでくれたら良かったのに……なんで布袋に……?」
アリス
「まあ、細かいことは気にするな。この空間では細かいことを気にすると死ぬぞ」
エマ
「死ぬの⁉」
リーフ
「どこの時間軸よって言われても困るものねー。あえて言うなら座談会時空かしら」
クロエ
「エマ……やめよう……考えるのやめよう……」
エマ
「それがいい気がしてきたわ……藪はつつくものじゃないわね……」
リーフ
「いい子ね。それじゃ、アリス。女子会始めましょうか」
アリス
「ああ、そうだな。よし、クロエ、エマ。女子会って何やるんだ?」
エマ
「分からないで私達を呼んだの……⁉」
アリス
「女子だけ集まればいいと言うのは知ってたからな!」
リーフ
「私達の周り男だらけだからやったこと無いのよね。まあ乙女ゲーだから仕方ないんだけど」
エマ
「メタネタはやめて……! っていうか、私だって女子会なんてやったことないわよ!」
クロエ
「わたしも塔にずっと一人だったから、女子会はやったことないなあ……本だと女の子が集まっておしゃべりするって感じだったけど」
エマ
「それって……つまり井戸端会議のことかしら……?」
アリス
「なんか急にロマンが失われた気がするぞ……」
リーフ
「井戸端会議だと所帯じみた感じになっちゃうわね……エマってなんだかウェルシュと気が合いそうだわ」
エマ
「な、なによ! 文句ばっかり言って!」
クロエ
「まあまあ、広義の意味ではきっと井戸端会議も女子会だよきっと。女の子が集まっておしゃべりしてるんだし」
リーフ
「まあ、そうよね。要は言い方の問題だわ」
アリス
「じゃあこれからは井戸端会議のことを女子会と呼ぼう」
エマ
「なんなのよそれ……」
クロエ
「よっし、これで分かったね!」
リーフ
「え、何が?」
クロエ
「今こうやって集まって話してること自体が、女子会だってこと!」
アリス・リーフ・エマ
「「「な、なるほど……」」」

 コメント:0 カテゴリ:小話・らくがき

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
作品一覧
【メイン】↑新↓旧

推理×百合ADV

性別選択可恋愛ADV

ショタBLADV

ヤンデレギャルゲ

百合ADV

女性向け恋愛ADV

【スピンオフ】↑新↓旧

クロスオーバー4/1ADV

クロスオーバー4/1ADV

緑の姫君スピンオフRPG

緑&Chloe&指切り4/1ADV

緑(&Chloe+指切り)4/1ADV

緑&Chloe4/1ADV

緑の姫君エイプリルフールADV

緑の姫君ミニゲーム集
記事検索
アンケート
メッセージ

メールアドレス未記入の場合はブログ記事での返信となります。

名前
メール
本文